アオアシのキャラ

【アオアシ】エスペリオンユースのメンバーを管理人一言コメントとともに一挙にまとめました! 知らない人もちらほら...?

この記事ではエスペリオンユースのメンバーを総まとめします!

類似の記事は他にもあるので、私の一言コメントとともにまとめていきます。

 

背番号順だと学年が混ざるので学年順にしました。アオアシ6巻の巻末に選手のまとめがあるのでそれを参考にしながら書いています。

Aチーム, Bチームについては矢印でなるべく最新の情報を取り入れるようにしています。ですが結構言及なく入れ替わったりしているので(特に1.5軍相当の選手たち)、不正確な部分はあると思います。

ちなみに名前が結構戦国武将から来ているような気がするんですがどうなんでしょう。小林先生はネーミングは結構感覚的だと思うんですが。

エスペリオンユースのメンバー:3年生

  • 背番号1:二階堂賢次(GK, Aチーム)

まだ一言も喋っていないAチームの控えGK。実はBチームの試合にも結構出ている。船橋学院戦で秋山が怪我で退いた後のゴールを守った。

  • 背番号2:馬場昌徳(MF, Aチーム)

ハゲ頭で目立つのにまだ20巻時点で「ウォッス」しか喋っていない。船橋学院戦では大友にレギュラーを奪われるなど実力も未知数。キャラが立ちそうなのに立ってない。

  • 背番号3:志村 京(DF, Aチーム)

見た目が完全にオッサンのAチーム鉄壁のセンターバック。回想シーンで子供の頃からこんな感じの顔だったことが判明してびっくり。トップチーム昇格内定済み。

  • 背番号6:小早川透士(MF, DF, Aチーム)

個を消してチームに貢献するDF, MF。サイドバックでポジションか被っているアシトのライバルになるはずだが、ここまでそういう動きはなし。実は3年生でレギュラーを張っているメンバーの中で唯一トップ昇格できなかった。

  • 背番号7:山田 豊(MF, DF, Aチーム)

別名「バンダナを外した中村平」(私が勝手に呼んでいるだけ)。積極的な攻撃参加が特徴のサイドバック。6巻の巻末の顔は正直めちゃくちゃ怖い。トップチーム昇格内定済み。

  • 背番号8:中川好秀(MF, Bチーム→引退)

モブ。出番が少なすぎてウォーリーを探せ状態。ちなみに管理人は彼を(6巻までの範囲では)見つけられていない。

  • 背番号9:一色勝頼(DF, Bチーム→海外プロジェクトで渡欧)

多摩体育大学付属戦で足を痛め、冨樫と竹島のお見合いをアシストするという、ストーリー上で結構重要な役割を担った。た意外と出番が多かった。そのためかどうなのか、海外挑戦プロジェクトで渡欧中。

  • 背番号11:義経健太(FW, Aチーム)

みんなのキャプテン。トップチーム昇格内定済み。

【アオアシ】義経健太について徹底解説! ホニャララ言ってても言うことは言う!やることはやるエスペリオンユースの頼れるキャプテン!

今回はアオアシの義経健太について解説します! よっ、キャプテン!   義経はエスペリオンユース3年生のエースフォワード。怪我でBチームに落ちてきて調整目的で試合に出たらその超絶技術にみんな度 ...

続きを見る

  • 背番号12:藤宮姫央(FW, Bチーム→引退)

BチームのFWのため、コマにはよく出てくるがほとんど台詞なし。よく見てみると名前がキラキラネーム。卒業後は理学療法士を目指すらしい。

エスペリオンユースのメンバー:2年生

  • 背番号4:阿久津渚(DF, Aチーム)

エスペリオンユースの鉄壁守備陣を統率するセンターバック。ユース入団試験ではラインズマンのはずがアシトを叩きのめしにFWとして参加。

【アオアシ】阿久津渚について徹底解説! 彼を嫌いな人ほど読んで欲しい最悪の過去と反骨心...

アオアシの阿久津渚。皆さんはどういう印象をお持ちでしょうか?   序盤でかなり主人公のアシトに対する嫌がらせをしていたので嫌いな人が多いと思いますが、最近の巻で彼の事情が説明されるようになっ ...

続きを見る

  • 背番号5:斎藤丈範(MF, Bチーム→受験に専念。)

ウォーリーを探せその2。(6巻までの範囲で)見つかったら管理人のところまで連絡がほしい。本当にどこに出てきた?

あと15巻で彼が受験に専念することが判明するが、となると6巻巻末の学年が間違っている気がする。おそらく本当は3年生。

  • 背番号10:栗林晴久(MF, Aチーム→トップチーム)

説明の必要はないだろうエスペリオンユース司令塔。2年生ながらトップ契約を締結済み。

【アオアシ】栗林晴久について徹底解説! 「エスペリオンユースの至宝」の天才度は伊達じゃない!

この記事ではアオアシの栗林晴久について解説します。   アオアシ中でおそらくアシトの目標になるであろう栗林。 物語の序盤はニュース記事などで「天才」「エスペリオンユースの至宝」として、物語の ...

続きを見る

  • 背番号13:高杉健太(FW,MF, Aチーム)

AチームのFW。また全体をまとめるキャプテンシーを持つが、20巻にて阿久津にその座を譲り、自身は副キャプテンへ。キャプテンシーは買うがメンタルがちょっと足りない印象。優等生なので名前は出木杉から由来しているのではないかと勝手に管理人は妄想している。ユース入団試験ではDFを担当。

  • 背番号14:菅原顕人(DF, Aチーム→Bチーム→Aチーム)

昇格直後の遊馬と一緒にへばっていたのが彼。ちなみにその後落ちてきたらしく武蔵野戦に出場している。武蔵野戦ではアシトのポジショニングにブツブツ言っていたが、試合中に考えを変えた。

  • 背番号15:沼津拓夢(MF, DF, Bチーム→Aチーム)

多摩体育大学付属戦に出場時、アシトに望コーチからの伝言を伝えたのが彼。

  • 背番号16:秋山円心(GK, Aチーム)

エスペリオンユースの正守護神。登場しているコマでは大抵ビッグセーブをしているすごい奴。東京VANS戦でいきなり後ろから大声で登場してきてびっくりした人も多いはず。実はユース入団試験でもユース側のGKだった。

  • 背番号17:オジェック美濃(FW, Aチーム)

Aチームの控えFW。弟のロアン美濃はBチームでFW。柏台商業戦ではベンチでアシトに話しかけるなど意外といい奴。東京VANS戦ではスタメン。桐木のパスに追いつけず切り捨てられるも後半で桐木のためにデコイランをしたのが印象的。ユース入団試験ではユース側のDFだった。

  • 背番号18:桐木曜一(MF, Aチーム)

AチームのレギュラーMF。栗林に次ぐ実力を持つ。周りに関心がなく、東京VANS戦では戦犯になりかけたが壁を乗り越えた。ユース入団試験ではDFをやっていた。

【アオアシ】桐木曜一について徹底解説! 無口でクールだけど熱い闘志を秘めるMF!

  今回は桐木について解説します! いつものことなんですが、タイトルのためにフルネーム調べて「下の名前ってこうだったんだ」っていうことが多いです。曜一って名前、結構珍しいですよね。 &nbs ...

続きを見る

  • 背番号19:長野 樹(MF,DF, Bチーム→Aチーム)

アシトのBチーム初練習でアシトのあまりの技術の無さにキレていたのが彼。のちにAチームに上がる。サイドバックもこなせる守備的なMF。長野と清水は地名シリーズでセットで名前を決められた感じがするのは管理人だけだろうか? ユース入団試験にも実はいた。

  • 背番号20:桑田修斗(FW, Bチーム)

多分セリフがまだないBチームのFW。アシトが栗林のキラーパスを真似してパスミスを量産した試合での激怒シルエットが一番印象的。実はユース入団試験でユース側にいるのだがおそらく阿久津と交代でいなくなった。かわいそう。

  • 背番号21:清水 誠(MF, Aチーム→Bチーム→Aチーム)

長野と入れ替わりにBチームに落ちてきたあと、長野と似たような役割を担う。アシトがDFになってから最初にアシトに怒ったのが彼。Bチームではキャプテン的な役割も果たしているようだ。ユース入団試験にも実はいた。

  • 背番号22:中村 平(MF, DF, Bチーム→Aチーム→引退)

のちにAチームに昇格。Bチームの間はキャプテンを勤め、アシトたちもだいぶお世話になった。船橋学院戦を最後にサッカーを引退。ユース入団試験にも実はいた。

【アオアシ】中村平について徹底解説! 周りから信頼される頼れる兄貴分! 引退の理由も勝手に想像してみた!

今回はアオアシの中村平について徹底解説したいと思います!   最新刊近くまで読んでいないと、あまり平の印象が残っていない人もいるのではないかと思います。   そう、Bチームの初練習 ...

続きを見る

  • 背番号23:松永國貴(MF, Aチーム)

スカウト入団。アシトがAチームに昇格した時、オシム式パス回しで執拗にアシトを試していたのは彼。半レギュラーのような扱いだが、守備に攻撃にとオールラウンダーな印象を受ける。なおガタイが良いが二原には吹っ飛ばされた。ユース入団試験にも実はいた。

エスペリオンユースのメンバー:1年生

  • 背番号24:明神謙五(GK, Bチーム→Aチーム)

セリフがまだあまりない1年生GK。正GKの秋山が怪我で離脱中はAチームのベンチに入っているのでここで爪痕を残せるか。

  • 背番号25:朝利マーチス淳(DF, Bチーム→Aチーム)

クールなイケメンサイドバック。のちにAチームに昇格。オーバーラップが得意な攻撃型だがプレースタイルは堅実。3年生DFの山田のようになれるか?ユース入団試験ではFWをしていた。

【アオアシ】朝利マーチス淳について徹底解説! ツンデレ…とにかくツンデレ…

今回はアオアシの朝利について徹底解説したいと思います!   朝利と言って私が思い出すのはとにかくツンデレ。   アシトに対してツンツンしていたのに、アイコンタクトで意思を伝えあって ...

続きを見る

  • 背番号26:黒田勘平(MF, Bチーム→Aチーム)

ユース昇格生の意見を代表してくれる漫画としては貴重な存在。ヘラヘラしているが内に秘めたプライドは強烈。

【アオアシ】黒田勘平について徹底解説! 冷静な中に秘めた執念!

今回はアオアシの黒田を徹底解説したいと思います! 割と私は好きなキャラです。   黒田は序盤、アシトと対比する形で、そして朝利と並んで「ユースの選手」の代表格として扱われます。   ...

続きを見る

  • 背番号27;竹島龍一(DF, Bチーム→Aチーム)

守備に特化したセンターバック。のちにAチームに昇格し、東京VANS戦では苦労しながらも相手を0点に抑える。サッカーとプライベートの切り替えが早く、彼女は絶やさない。ゆえに大友から嫌われている。

【アオアシ】竹島龍一について徹底解説! 守備力随一! 自分の弱さと常に向き合い続けるハメになる男...

この記事ではアオアシの竹島龍一について解説していきます。   1年生ズの中では出番が多い方なのですが、微妙に目立ってなくてちょっとかわいそうな竹島。   この記事ではその守備力と、 ...

続きを見る

  • 背番号28:橘総一郎(FW, Bチーム→Aチーム)

セレクション入団のFW。Bチームでは無双しているがAチームに上がってからはまだ出番がない。義経がトップチームに昇格した穴を埋められるか?

【アオアシ】橘総一郎について徹底解説! 生真面目な男が殻を打ち破って覚醒する姿がかっこよすぎ!

今回はアオアシの橘総一郎について徹底解説したいと思います!   橘といえばみなさん何を思い浮かべますかね? 私はとにかくその真面目さ! ギャグを言ったりふざけたりする姿が全く目に浮かびません ...

続きを見る

  • 背番号29:本木遊馬(FW, Aチーム)

1年生の中では実力が抜けているFW。新入団生限定の紅白戦で唯一のAチーム昇格を決めた後、アシトたちがAチームに上がる頃にはレギュラーFWに。コミュ力は高いが、いつも飄々としていて真意がつかめない。ユース入団最終試験ではユース側のサイドバックだった。

【アオアシ】本木遊馬について徹底解説! 飄々としていて掴みどころがないけど技術はピカイチ!

今回はアオアシの本木遊馬について解説したいと思います。   エスペリオンユース1年生の中では随一の実力者でありながら、飄々としていてとらえどころがない。そんな遊馬の特徴を見ていきましょう! ...

続きを見る

  • 背番号30:島 安由太(DF, Bチーム)

武蔵野戦でのロングボール対策の夜練、橘の提案に乗ってくれたいい奴。試合でプレーする姿を見たことがないが今後登場できるのだろうか。

  • 背番号31:冨樫慶司(DF, Bチーム→Aチーム)

のちにAチームに昇格。1年生唯一のスカウト枠。フィジカルが強いセンターバック。アシトを見習って視野の練習をし始めてからバイアスにとらわれることが減った。

【アオアシ】冨樫慶司について徹底解説! ヤンキーを地で行く情に厚い男の素顔に迫る!

  今回はアオアシの冨樫について徹底解説したいと思います!   冨樫といえばヤンキー、というのが私の印象なんですが…汗   冨樫の行動に注目して改めてアオアシを読んでみる ...

続きを見る

  • 背番号32:増子由維(DF, Bチーム)

登場機会が少ないBチームの控えDF。新入団生限定の紅白戦でアシトに抜かれる、アシトたちがAチームに上がった後の夜練では早々に不参加を決めるなどあまり良い印象がないのでちょっとかわいそう。

  • 背番号33:青井葦人(FW→DF, Bチーム→Aチーム)

言わずと知れた本作の主人公。武蔵野戦直後にAチームに昇格。武蔵野戦ではひたすら敵の佐竹監督から「背番号33」と呼ばれ続けたため、アシトの背番号だけは覚えている読者もいるのでは?

【アオアシ】青井葦人について徹底解説! ポジション転向も俯瞰の能力を武器に成長著しい主人公!

この記事ではアオアシの青井葦人について解説していきます! アオアシの主人公です!   アシトというとポジション転向と俯瞰の能力ばかりが取りざたされることが多い印象がありますが、私はアシトの真 ...

続きを見る

  • 背番号34:ロアン美濃(FW, Bチーム→Aチーム)

オジェックの弟でやっぱりFW。武蔵野戦前の橘の夜練の誘いに竹島の次に反応。武蔵野戦の決定機を外した印象が強いが、今後物語に登場できるか?

  • 背番号35:亀山 航(MF, Bチーム)

あまり印象がないBチームのMF。でも武蔵野戦の前の橘の夜練の誘いに乗ってくれたいい奴。

  • 背番号36:大友栄作(MF, Bチーム→Aチーム)

のちにAチームに昇格。試合前は緊張しているが笛がなったら最強メンタル。その主将気質は望コーチも認めるところ。

【アオアシ】大友栄作について徹底解説! 普段はお調子者でもグラウンドで笛がなったら最強!

今回はアオアシの大友栄作について徹底解説したいと思います!   大友と言えば試合前のガチガチと、笛が鳴った後の落ち着いた姿のギャップを思い出します。   「笛がなったら最強」は橘の ...

続きを見る

エスペリオンユースのメンバー:スタッフ陣

ちょっと番外編になりますが、登場したスタッフもまとめておきましょう。

  • 監督:福田達也

言わずと知れたエスペリオンユースの監督。彼がいなければアシトは愛媛でサッカーを続け、アオアシの物語が始まることもなかっただろう。

【アオアシ】福田達也について徹底解説! 元天才選手はエスペリオンを世界一のクラブにする野望を持つカリスマ監督へ!

この記事ではアオアシの福田達也について解説していきます。エスペリオンユースの監督ですね。   ある意味でアオアシのもう一人の主人公。その斬新な指導法と名言連発、渋い見た目は現実にいたらめちゃ ...

続きを見る

  • ヘッドコーチ:伊達 望

言わずと知れた鉄仮面コーチ。アシトがBチームの間はこの男に鍛えられた。仮面の下には選手を思いやる優しさが。

【アオアシ】伊達望コーチについて徹底解説! 見た目は怖い鉄仮面!でも選手のことを一番に考える名コーチ!

この記事ではエスペリオンユースのヘッドコーチ、伊達望について徹底解説します。   彼の特徴は鉄仮面の裏に隠された選手を思いやる心です!   望コーチがどれだけ選手のことを思いやって ...

続きを見る

  • GKコーチ:弁禅 醍悟

いつも「ガッハッハ」と笑っている印象が強いGKコーチ。ゲームなら間違いなく盾を持たせて前衛キャラ。理論よりは肉体、といった感じで、どのようにGKを指導しているのか一度描写してほしいものである。

  • ユースコーチ:月島 亜希

福田信者の理論派。序盤ではアシトのプレーに対しての理論的解説をする役割を担うが、中盤以降、紅白戦で単なる笛を吹く人になってしまった。

  • 広報:壬生 晶

Wikipediaではなぜか「ユースコーチ」となっているが歴とした広報である。Bチーム初勝利後の焼肉屋で登場したり、栗林を弁当屋の配達車に乗せて報道陣をまくなど意外と登場回数が多い。U-18日本代表に参加しているエスペリオンユースのメンバーに、日本に残ったチームの結果を伝えたのも彼である。

  • 育成部長:加瀬 順

3巻のスタッフルームでちょっと登場して以降出番がなかったが、最新20巻での栗林のトップチーム契約の時に再登場。栗林に対する親心と期待を見せた。おそらく名前や経歴のモデルは元大宮アルディージャの中村順育成部長。

ここに20巻の船橋学院戦で怪我した秋山を手当てし、さらに平のためにグラウンドに残ろうとする秋山に喝を入れたスタッフがいるのだが彼の名前は未だ出ていない...。ちなみに彼は多摩体育大学附属戦(義経がBチームで出た試合。7巻)でも怪我をした一色に肩を貸していたため、メディカルスタッフっぽい。

まとめ

ということで、ざっとエスペリオンユースのメンバー(とスタッフ)をまとめてみました。

 

メインで出ているキャラ以外も意外と色々なキャラがちょいちょい出たり喋ったりで、読み返してみるとなかなか面白かったです。

中川と斎藤だけは6巻までで見つけられなかったんですが...。誰か見つけたら本当に連絡ください。待ってます。

-アオアシのキャラ

Copyright© アオファン〜アオアシファンのためのまとめサイト〜 , 2020 All Rights Reserved.