アオアシのキャラ

【アオアシ】橘総一郎について徹底解説! 生真面目な男が殻を打ち破って覚醒する姿がかっこよすぎ!

今回はアオアシの橘総一郎について徹底解説したいと思います!

 

橘といえばみなさん何を思い浮かべますかね? 私はとにかくその真面目さ! ギャグを言ったりふざけたりする姿が全く目に浮かびません。

 

序盤に望コーチがその生真面目さを指摘したり、武蔵野戦のゴタゴタでその真面目さがクローズアップされたりと、漫画のストーリーの中での印象づけもあるのでしょうが…

 

「止めて、蹴る」ができないアシトの夜練習に一緒に付き合ったりと、仲間思いのイイやつでもあります。

 

あとは何と言っても古巣、武蔵野ユース戦での覚醒でしょう! あの試合の前半は完全に橘が主人公でした。

 

それでは早速橘について、基本情報から小ネタまで見ていきましょう!

【アオアシ】橘総一郎基本情報

・主人公アシトとともにセレクションに参加し、見事エスペリオンに入団。

・ポジションはFW

・とにかく真面目、爽やか、好青年。ひと昔前のサッカー主人公

・双子の姉がいる。姉もクラブチームでサッカーをやっている。

 

もともと武蔵野ジュニアユース(この時は横川武蔵野でした)に所属していた橘。ユースに昇格できたのですが、成長が止まっている自分に気づき、何かを変えたくてエスペリオンの入団試験を受けます。

 

この理由からしてめちゃくちゃ真面目ですよね。

 

アシト、大友とともに見事合格し、エスペリオンでのサッカー人生を歩み始めるわけです。

 

真面目で爽やかなフォワードというと主人公できそうな感じがしますが、本作の主人公はもじゃもじゃ君なんですよねえ笑

 

双子の姉の都(みやこ)は女性キャラが少ないアオアシに彩を与えています!

【アオアシ】橘の特徴はその真面目さ! そして非常にいいヤツでもある

橘の性格はとにかく真面目。もう真面目! の一言です。

 

そもそもエスペリオンユースの入団試験の理由が真面目なんですよね。

 

「自分の成長が止まっているのに気づいた」とか…

 

プロになってモテたい、と言っている大友と対照的ですね笑

 

また、アシトの夜練に付き合ったり、大友と朝利を半ば強制的に仲直りさせたりと、仲間思いのいいヤツでもあります。

 

一昔前だったらこういう真面目、熱血でいいヤツって主人公やれてましたよね。現代だともうちょっと癖のある、それこそアシトのようなキャラの方が主人公っぽいですが...。

【アオアシ】橘のベストストーリーは何と言っても古巣武蔵野ユース戦! 覚醒する姿がかっこよすぎる!

橘と言ったらなんといっても武蔵野ユース戦でしょう! ということで、少し長めの文章でどういう話だったか解説していきたいと思います。

 

真面目すぎるがゆえに連敗の責任を背負い、落ち込む橘

 

橘の真面目さは長所ですが、時に短所となります。

 

エスペリオンユースBチームが攻守かみ合わず連敗していた時、橘は責任を「自分が点をとれないから」と一身に背負い、精神的にかなり落ち込んでしまいます。

 

逆に、古巣である武蔵野FCは、エスペリオンのセレクションで落ちた金田と中野を加え、快進撃を続けている…

 

トドメは怪我の調整のためにBチームに落ちてきていたエスペリオンユースのキャプテン義経。

 

FWでもある義経は圧倒的な技術を見せつけ、連敗していたBチームに久々の勝利をもたらします。

 

その姿を見て逆に自信を失ってしまった橘は、武蔵野戦に自分を出さないでくれ、とBチームの指導者でもある望コーチに直訴します。

 

望コーチの信頼が橘を復活させる鍵となる

 

ですが、望コーチは武蔵野ユース戦のスタメンに橘を選び、「これがこのチームのベストメンバーだ」と言い切ります。

 

もうここで望コーチ株急上昇ですよね。

 

相変わらず自信は持てない橘でしたが、この信頼に答えようとやる気を出します。

 

ロングボールの自主練の提案をしたりとか、何としても自分を変えたい、という意地が読んでいても伝わってきました。

 

全てが噛み合い、武蔵野戦で覚醒した橘

 

望コーチの信頼、殻を打ち破りたいという心、古巣武蔵野ユースが相手、という全ての状況が絡み合い、試合中に橘が覚醒します。

 

この時になぜ橘が殻を破れなかったのか、も分かります。

 

橘は真面目で責任感があるため、リスクを冒すよりは安全なプレーを選ぶ傾向がありました。

 

リスクを冒さなかった、というよりは、恐怖心から「冒せなかった」んですね。

 

でもサッカーってどこかでリスクを冒さないと点って取れません。

 

この話より後になりますが、アシトたちがAチームに上がってからの対東京VANS戦、朝利と竹島もリスクを取らずにクリアして、そのボールを相手に狙われていたところを冨樫に指摘されたりもしていました。

 

このリスクをとる恐怖を、望コーチの信頼と、自分の弱さと向き合うことで橘は克服したんです!

 

武蔵野ユースの佐竹監督の言葉にもありました。弱いやつがリスクを取らないのは全く怖くない。リスクを冒せ!と。

 

橘は自分の弱さと向き合い、認める事でリスクを冒せるようになった。そしてその陰には望コーチやチームの橘への信頼があった。

 

私の文章が下手くそで伝わりにくいのですが、この場面は本当にカタルシス!

 

こういう感情描写はアオアシの真骨頂だと思いますね〜。

橘は実はセレクションで落ちる予定だった!?

これ、知らなかった人も多いんじゃないでしょうか? 私も作者の小林先生のブログ記事を読んで初めて知ったのですが…

 

参考ページはこちら。

 

当初はアシトと大友だけが合格して、橘はエスペリオンユースのセレクションには落ちる予定だったそうです。

 

もしそうなっていたら武蔵野ユース戦の橘の物語はなく、単に敵にセレクションに落ちた橘がいるぞ!上手いぞ!的な感じになっていたんでしょうか…

 

今から考えると想像できませんね…

 

その落ちる予定からあの武蔵野ユース戦での活躍ぶりなので、ある意味大逆転ですね笑

まとめ

・橘はアシト、大友とともにセレクションでエスペリオンに入団したFW。

・性格はとにかく生真面目で責任感が強い。

・その性格ゆえにリスクを冒せなかったが、克服し覚醒!

・実は当初の予定ではセレクションで落ちる予定だった

 

最近はアシトたちが先にAチームに上がってしまい、出番が少なくなってしまっていましたが、最近橘もAチームに昇格したので出番が増えるのではないでしょうか。

 

アシトや大友からアシストを受けてプレミアリーグで得点する橘を早く見てみたいですね!

 

ちなみにエスペリオンユースの他のメンバーの一言コメントや解説記事を一つの記事にまとめてあります。興味がある方は以下のリンクからどうぞ!

【アオアシ】エスペリオンユースのメンバーを管理人一言コメントとともに一挙にまとめました! 知らない人もちらほら...?

この記事ではエスペリオンユースのメンバーを総まとめします! 類似の記事は他にもあるので、私の一言コメントとともにまとめていきます。   背番号順だと学年が混ざるので学年順にしました。アオアシ ...

続きを見る

-アオアシのキャラ

Copyright© アオファン〜アオアシファンのためのまとめサイト〜 , 2020 All Rights Reserved.