アオアシのキャラ

【アオアシ】海堂杏里について徹底解説! 可愛いけど負けヒロイン...冨樫との進展はあるのか?

この記事ではアオアシの海堂杏里について解説します!

アオアシの2大ヒロインのうちの一人ですね!

そもそもアオアシは女性キャラが少なく、貴重な女性キャラの一人でもあります。

 

ちなみに上のアイキャッチ画像、リフティングしているところが杏里っぽくないですか?モデルの方が似ているかどうかはともかく...

 

さて、最近の展開でほぼ負けヒロインが確定してしまっている杏里ですが、逆に冨樫との進展が目立っています。

 

この記事では杏里についての基本情報と、特徴、また、ちょっと気になる冨樫との関係について解説していきます。

 

ちなみにアオアシの女性キャラについては別記事にまとめました。興味がある方は以下のリンクからどうぞ!

【アオアシ】ヒロインズ&女性キャラを隅から隅までまとめました!

主人公・アシトのユースでの奮闘を描くサッカー漫画・アオアシ。   サッカー描写や人間模様などは「熱い!」の一言なのですが、いかんせん女性キャラが少ない。   これなら全キャラまとめ ...

続きを見る

【アオアシ】海堂杏里の基本情報

・エスペリオンのスポンサーである海堂電機の社長令嬢

・サッカーのプレー経験はないが、大変なサッカーマニア。理論派。

・サッカーチームの監督を目指している。

・家のお手伝いさんの子供が遊馬だったこともあり、遊馬とは幼なじみ。

アシトが好き。花とはライバル関係。

 

だいたい杏里の立ち位置は、「サッカーにちょっと詳しい普通の人」の意見の代弁者ですね。

 

それがいつの間にかヒロインの一人になっていた、という印象ですね。

 

そもそも最初は杏里もヒロイン顔じゃなかったと思うんですが笑(読み返して確認してみると面白いかも?)

 

花の方が可愛く描かれていたと思うんですが、回を追うごとに美人さんに...

 

ちなみに杏里はサッカー素人ですがトラップはうまく、リフティングなどはポンポン続きます。

 

アシトに首振りリフティングを教えた時の杏里のトラップをご覧あれ。

 

おっと、太腿に目がいったのは内緒だぞ。

 

あとは冨樫との関係も気になるところで、本記事ではそんな杏里の特徴についてまとめてみました。

杏里の特徴その1: 花とは永遠のライバル!

杏里はそもそも福田監督に強烈な憧れを持っていました。花みたいな「好き」という感情とはちょっと違うとは思いますが、それでも強烈な感情を持っていたのは事実。

 

花はもともと杏里のことが苦手でしたが、お互いに強烈な感情を福田監督に持っていたのが原因だったわけですね。

 

なので、プレースタイルや目が現役時代の福田監督に似ているアシトに二人の目が移るのは必然と言えるでしょう。

そもそもアシトのプレースタイルが福田監督に似ていることを指摘したのは杏里です。

 

そしていつしか福田監督を巡り(?)ある意味ライバル関係だった2人は、アシトを巡って(?)争う(??)ライバル関係になったわけですね。

(いつどこで巡って、いつどこで争ったんだろう、ということはさておき...)

 

杏里がアシトに惚れたのはいつだったんだろう、と読み返してみると、首振りリフティングの時ですかね。「かわいい…」ってモノローグ入ってるし。

 

このライバル関係のキーポイントは「サッカーの話がわかるか否か」で、花はアシトとサッカーの話ができる杏里にちょっと嫉妬したりします。

 

杏里もアシトのためを思ってか正妻戦争のためなのか、東京VANS戦前に、「あなた(花)がくるとアシトの調子が乱れる(から来るな)」って言ったりとか。

 

この言った後に杏里自身も自己嫌悪っぽい表情をしているのがまたラブコメっぽい。

 

ここら辺が今のところ唯一、アオアシでラブコメの波動を感じたシーンですね。

 

ただ、小林作品ではヒロインのライバルはほとんど負けヒロインと化すらしいんですが、アオアシも例に漏れず。

 

そもそも杏里に勝てそうな部分がなかったんですが、最新20巻で花にアシトへの愛の差を見せつけられた(?)杏里。大号泣。そしてそこに通りかかる冨樫。

 

あれ? ちょっと路線変わってきた?と思わせられました。冨樫との関係については記事の後の方で解説します!

杏里の特徴2:目指すはサッカー監督!

杏里は単に花の当て馬として出てきたわけではなく、将来的にサッカーチームの監督になりたい、という野望を持っています。

 

そのためなのか元々なのか、サッカーの理論にはめちゃくちゃ詳しい。

 

元々立場的には、「サッカーに詳しい普通の人」の意見を代弁する、という立ち位置でした。

 

アシトの視野の話とアシトがサイドバックに転向した時のやりとりが印象的ですね。

どちらも遊馬、冨樫との議論でした。

 

最初は、アシトの視野の能力を推測する遊馬と冨樫に対して

 

・アシトがフィールドの全員の位置を覚えているなんて科学的にありえない。

 

と主張。しかし実際のプレーを見て考えを変えました。

 

さらにアシトがサイドバックに転向したときは、

 

・アシトの視野の能力を活かすならトップ下だ。

 

という意見。

私自身はサッカーに詳しくないのでこれが詳しい人のテンプレート意見かどうかはわかりませんが、サイドよりも中央のプレーヤーが重要、という固定観念はあったみたいですね。

 

いずれも遊馬と冨樫に否定されてちょっとかわいそうでしたが(漫画の台本的にそうならざるを得ない感じだったので)。

 

また、東京VANS戦でアシトのプレーをメモにとって、守備の上達のコツとともに本人に渡したりもしています。うーん、健気。

 

ただ、そのメモがかなり理論的で、アシトにはちんぷんかんぷんなのがまた笑

 

「確証バイアス」の話とかかなり難しい感じで書いてありました。

 

ちなみに確証バイアスというのは「見たいように物事を見てしまうバイアス」ですね。

 

例えば一度ある人のことを怖い人だ、と思ったら、そう思えるような仕草ばかり目につくとか。

 

冨樫が福田監督に叱られたのもこのバイアス関連ですね(それだけじゃないですが)。

 

それはさておき。

 

個人的にはアオアシにラブコメは似合わないので、杏里の「監督を目指す」という側面をもっと取り上げて欲しいなと思っています。

杏里と冨樫の不思議な関係

冨樫のまとめ記事でも書きましたが、杏里は冨樫との絡みが異常に多い。

 

ラブコメ的視点で言うと幼なじみの遊馬とフラグが立ちそうなものですが、なぜか冨樫。

 

杏里と冨樫の出会いは入学式の日。アシトが黒田、朝利との喧々諤々の議論で黒板に書いた全プレーヤーのポジションの位置。それが全てあっていることに気づいた冨樫、遊馬。杏里が気づいていたかは分かりませんが、教室に残ったということは気づいていたのでしょう。

 

その後、アシトのサイドバック転向についてクラブハウスでまたまた遊馬と冨樫と議論。

 

冨樫が杏里を「お嬢」と呼び始めたのはこのときですね。

 

その後も

 

・アシトに作ってきたはずのお弁当を諸事情で渡せずなぜか冨樫に渡そうとする

・冨樫がアシトを下に見る発言をしたことを指摘する

 

など杏里と冨樫の絡みは続き、20巻の船橋戦の後では、花とアシトの母親と試合観戦していろいろあった(本当にいろいろあった)杏里が大号泣。そこに冨樫が通りかかる、といういかにもなイベントまで発生。

 

船橋戦でアシトの正妻戦争はもう決着がついてしまった感じがあるので、今後冨樫と杏里で何かあるかもしれません。

 

ないかもしれませんが笑

そもそもアオアシに読者が求めているものは恋愛要素じゃない気もしますしねえ。

まとめ

この記事ではアオアシの海堂杏里についてまとめました。特に

 

・基本情報

・花とのライバル関係

・監督を目指す杏里

・冨樫との不思議な関係

 

について解説しました。

 

アオアシという漫画の性質上、ラブコメはあまり合いませんし、ラブコメしてもアシトの相手がほぼ花で決まってしまっているので…

 

個人的には杏里の「監督を目指す」という側面をアオアシらしく熱く描いてくれた方がいいかなと思います。

 

この設定、最近忘れ去られている気がしますので...。

-アオアシのキャラ

Copyright© アオファン〜アオアシファンのためのまとめサイト〜 , 2020 All Rights Reserved.